News

2015.05.17

健康法

最近、theFreiではヨガを始めたいと言っているスタッフが何人かいて、今色々とヨガについて調べています^^このブログを読んでくれているお客様にもヨガをはじめようかな、と考えている方もきっといると思って今回はヨガについて書くことにしました.

 

 

 

健康や美容の為にヨガをしている方って多いですよね。

 

 

 

そもそもまず、ヨガとはどういったものなのか??

 

 

 

 

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」(牛や馬と車をつなぐ軛)が語源で、体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれたそうです。

 

 

 

 

ヨガは「心の動きを抑止すること」と定義され、心の動きをコントロールするさまざまな鍛練により、苦しみから解放されることをその目的としています。

 

 

 

 

1000年頃には、ポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)などの、肉体を浄化し強化する鍛練によって、自己(エゴ)を超越したゆるぎない境地を目指す「ハタ・ヨガ(=力強いヨガの意)」が出現したそう。

 

 

 

現在世界中に普及しているヨガのポーズは、この伝統的なハタ・ヨガの一部で、その後、ハタ・ヨガの教本を基礎として様々な流派が生まれ、複雑に交じり合いながら現代のヨガへとつながります。

 

 

 

 

心と身体をリラックスさせ、健康的で充実した生活を送るためのツールとして、現在も新しいスタイルのヨガが次々と生まれています。

 

 

 

 

一口にヨガといっても驚くほど様々な種類があるようです。また、ヨガをするフィールドも様々です。

 

 

 

 

結構な種類があるので、ここでは初心者向けのヨガをいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

・ハタヨガ

数々の流派の源流とも言えるハタヨガ。ゆっくりと体を伸ばすヨガを、総じて指す場合もある。心と体の原動力でもある「気」を重視して、ハ=太陽・吸う息、タ=月・吐く息のふたつをコントロールし、調和させることを目指します。

ハタヨガはヨガの中でもゆっくりとした動きのスタイルとして知られています。ポーズをキープする時間も長めなので、クラスについていくのもそれほど難しくなく、次から次へとポーズが変わるわけでもないので、初心者でもとりかかりやすい。

 

 

 

 

 

・ヴィンヤサフローヨガ

もっともよく知られているヨガの一つで、比較的早い動きで、流れるようにポーズを行うこのスタイルは、ヨガやエクササイズの初心者向けと言えるそう。

ヴィンヤサフローヨガはその教室によってさまざまなクラスが開かれており、動き自体もそれぞれに種類があるようです。

何度も同じポーズを繰り返すヨガはつまらなそう、と思うのならここから始めてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

・アイアンガーヨガ 

アイアンガーヨガは比較的ゆっくりなペースの動きのヨガで、初心者や体を動かすのに障害がある人に適したスタイルです。

アイアンガーヨガはポーズの正確さを大切にしており、細かい姿勢について注意をする必要があり、ほとんどのポーズに道具を使うことも特徴で、椅子やストラップ、ブロックや布などが使われます。

ポーズをキープする時間も他のスタイルのヨガに比べて比較的長いと言われます。

ゆっくりと体を動かすことで、集中力やスタミナがアップ。さらに、リラクゼーション効果も期待できます。ポーズの“形”を重視しているけれど、ブロックやベルトなどの補助用具を使ってサポートできるから、体の硬い人でも安心。

 

 

 

 

 

 

他にもリラックスヨガ、アロマヨガ、陰ヨガ などが初心者向けだそう。

室内をはじめ、海辺やスタンドアップパドルの上でやるという上級のものまであるようです。

教室も様々なので色々体験に行って自分にあうところを見つけられると続けられそうですね^^

 

 

 

 

 

4-17-1 Tachikawa bldg,konandai,konan-ku,
yokohama,kanagawa,japan
Weekday · Saturday 9:30-14:00 / 15:00-20:00
Sunday 9:30-13:00 / 14:00-17:30
Holiday Tuesday

  • follow us
  • Instagram